好きな人がいること7話ネタバレあらすじ感想

※好きな人がいること7話オンエア後のネタバレあらすじと感想を追記しました。
千秋が店よりも大切にしていた秘密がバレてしまった。自分が突然の兄弟ではないという突然の告白に驚きを隠せない夏向。予想もしていなかった展開についていけない美咲。隠し通せなかった悔しさを見せる千秋。

一方、冬真はどんな思いでこの秘密を告白したのだろうか。それぞれの気持ちとこれからの展開が気になります。早速あらすじを見ていきましょう。
日本最大級の動画配信サービスU-NEXTで31日間作品が見放題の無料トライアルに申し込む

月9ドラマ「好きな人がいること」7話あらすじ

千秋の静止をよそに夏向が本当の兄弟ではないと告げた冬真。あまりに突然の告白に信じられない夏向と美咲。でもこれは千秋が隠し続けてきた事実であった。
そして冬真が夏向の実の妹であると、以前レストランで追い返した愛海を連れてきた。

実の兄をずっと探していた愛海。それには病気ですぐにでも輸血を必要とする母親のためであった。珍しい血液型のため、血縁である夏向に頼みたいという。しかし、愛海が探していたのは拓海という名前の男だったはず。

本人が知らないということは物心つく前から兄弟として育っていたはずなのに、夏向はなぜ拓海ではないのか気になります。

ところが何もかもが突然でついていけない夏向は家を飛び出してしまう。美咲も追いかけるが何と声をかけていいのか言葉が見つからない。

家に戻った美咲は、冬真に夏向のことが心配ではないのかと尋ねるが、自分のせいだと言いたいのかと逆に怒らせてしまう。いつも周りが夏向の味方ばかりしていることに疎外感を感じていた冬真はいっそ自分が本当の兄弟ではない方が良かったのではないかと出て行ってしまう。

翌朝、戻っていたはずの夏向の元に食事を持っていくも部屋に夏向の姿はなかった。冬真も出て行ったきり戻ってきていない。

シェフが不在では店が開けられないので、予約客にキャンセルの連絡を入れる美咲と千秋。自分のせいで夏向を傷つけてしまったのではないかと千秋は自分を責めていた。

このまま3兄弟の心は離れてしまうのでしょうか。どうしてそんなことになったのか経緯はわかりませんが、とてもデリケートな問題なのでいつどんなタイミングで話していてもこんな展開になってしまうような気もしますが、千秋、夏向、冬真それぞれの心のダメージが心配です。

せっかく夏向と向き合うと決めた矢先の出来事で夏向にどう接したらいいのか戸惑う美咲も気になります。さらに愛海のお母さんはすぐにでも治療をしなければならない重篤な状態。唯一の頼みの綱である夏向の協力は得られるのでしょうか。

それぞれの思いと事の行方が気になる、「好きな人がいること」の第7話です。
ゴジラ
日本最大級の動画配信サービスU-NEXTで31日間作品が見放題の無料トライアルに申し込む

「好きな人がいること」7話オンエア後のネタバレあらすじと感想

突然の告白の後本当の妹であるという愛海が登場し、母を助けてほしいと頭を下げられ戸惑いを隠せず家を出る夏向。美咲がそんな夏向を心配し後を追いかけるもなんと声をかけていいのかわからず家に戻ります。

一方の柴崎家では、ダメージを受けているのは夏向だけではないようで、千秋も冬真もこの状況に困惑していました。

  • 「夏向の気持ちを考えろ」
  • 「心配じゃないのか」

と千秋と美咲から責められ、俺が悪いのかと出て行ってしまう冬真。そんな冬真と入れ替わりに夏向が帰ってきました。

夏向の部屋の前に立ち、ノックをしようとするもかける言葉が見つからないのか一歩踏み出せない美咲。結局声をかけず部屋を後にしますが、よく朝声をかけるとそこに夏向の姿はありませんでした。

夏向なしでは店を開けられないSeaSons、千秋と美咲の2人で予約客にキャンセルの電話をします。連絡が落ち着いたとき千秋が夏向のことを話始めました。

夏向が柴崎家に養子としてきたのは夏向が5歳のときで、家族みんなで夏向を本当の家族のように接しているといつの間にか養子であることを忘れてしまうほど本当の家族に感じていたという千秋。子供心に夏向を守りたいと思っていたと言います。その思いが結局夏向を傷つけてしまったのではないかと落ち込む千秋に美咲はフォローの言葉をかけます。

美咲が夏向の部屋で戸籍謄本を見つけ千秋に見せると、愛海に貰ったという夏向の本当の母親が入院している病院の住所が書かれたメモを見せてくれました。現在尾道の病院にいるという夏向の母親。おそらく夏向はそこに向かっているのではないかと話すと美咲は迎えに行くことを決めます。

千秋も一緒に行く予定でしたが、楓から冬真の居場所が分かったと連絡があり、冬真の元へ向かうことに。美咲1人で夏向の元へ向かいます。病院に到着し、渚と対面した夏向ですが渚の口から出たのは「どなたですか?」の一言。5歳で手放したのですから無理はありませんが、なんとも切ない一言です。そこに偶然愛海が現れ名前を告げずに姿を消しましたが、夏向は母親を助ける決心をし輸血に協力します。

一方、居場所がバレてしまった冬真は、みんなが自分より夏向を可愛がっていたこと、父親が料理を教えていたのは夏向ばかりで悔しかったことなど、千秋に夏向に対する劣等感を伝えます。すると、「何もわかってない」と冬真をSeaSonsに連れて行き、父親がいなくなって新しいシェフを雇おうとしたときに夏向から「冬真の場所を空けて待っていたい」と言われたことを冬真に伝え父親が書いたレシピノートを渡します。

尾道に到着し夏向を見つけた美咲。心配したんだからと夏向の隣に座ると、本当の母親を見ても実感が湧かなかったことや今更兄弟じゃないと言われる方が実感が湧かないことなど、自分の思いを語り始めました。本来気付いても良さそうな事実に気付かなかったことを家族の温かい嘘だと美咲が言うと、小さく頷きました。

本当は父親が冬真料理を教えるのを楽しみにしていたことをや、冬真がシェフになると決めるまで待っていたところ実現しなかったので後を夏向に任せたことを冬真に伝える千秋。手渡されたノートには、レシピの他に冬真への指導ノートも付いており、細かいメモの内容からどれだけ冬真に料理を教えるのを楽しみにしていたかが伝わります。

そのそのノートを見た冬真はみんなの思いを感じ、これまで自分が夏向に言ってしまった言葉に後悔し涙を流します。気分を晴らすためか美咲は夏向をサイクリングに誘います。名所を巡り楽しそうな2人。夕日を眺めながら「なんで来たのか」との夏向の問いかけに「そばにいたいと思ったから」と素直な思いを伝える美咲。

そして、「忘れ物を届けに」とSeaSonsの鍵を渡します。何を思っているのか言葉にはしませんでしたが、微笑みながら美咲を見つめる夏向に美咲に対する感謝の気持ちを感じました。

柴崎家に戻る美咲と夏向。すると怒るわけでもなくいつもと変わらぬ口調で夏向に話しかける千秋。最後に優しく「おかえり」と声をかけるとそこにはこれまでと変わらない柴崎家の兄弟の姿がありました。

SeaSonsに戻り仕込みをする夏向の元に冬真が現れ「料理を教えてください」と頭を下げます。少し間が空き不安そうな冬真に指示を出す夏向。厨房への扉を抜けるのに一瞬躊躇いますが、冬真はシェフへの一歩を踏み出しました。

そんな2人を見届け家に戻る千秋と美咲。尾道での夏向の様子を伝え、「兄貴失格じゃありません」と千秋に伝えます。その一言に涙をこぼし感謝を伝える千秋。

千秋がお風呂から上がるとソファで眠る美咲の姿が。起こしても起きなかったのでお姫様抱っこで部屋へ連れて行きます。美咲の部屋には江ノ島の水族館で買ったペンギンのパペットが。それを手に取り美咲を見つめながら何かを思う千秋。

カメラのアングル的に美咲の唇に焦点が合わせてある気がしてなりませんでしたが、いったいこのとき千秋は美咲を見て何を考えていたのでしょうか。千秋の新たな気持ちがこれから見られるのかも知れません。
ゴジラ
日本最大級の動画配信サービスU-NEXTで31日間作品が見放題の無料トライアルに申し込む

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)