小林麻央の腹水とパジャマ写真とKOKORO1月19日の関係とは?

小林麻央さんが癌を公表して以降、「腹水」という言葉がずっと付き回っている。そして最近、小林麻央さんがブログKOKORO.に1月19日に投稿した記事の内容と、そこに掲載されているパジャマ姿の写真から、麻央さんの腹水が再び話題となっている。一体どういう関係があるのだろうか?

【スポンサードリンク】

腹水とは末期がんの症状

内臓を包んでいる腹膜という膜と内臓の隙間である腹腔(ふくくう)に水が溜まりすぎてしまう症状を「腹水」という。正常時は20〜50mlの水が溜まっている腹腔に異常に水が増えてしまうというもので、末期がんの症状の一つと言われている。

がんが進行するにつれて腹水も溜まってしまうため、小林麻央さんについても「腹水」が取り上げられるのはよく分かる。でもなぜ麻央さんの腹水が、2017年1月19日のブログKOKOROと、麻央さんのパジャマ姿の写真と結びつけられて語られているのかが分からなかったので、その理由を調べて見た。

小林麻央さんのブログKOKORO. 1月19日は「退院を目指す」

ブログKOKORO.に1月19日に投稿された記事は1つのみ。「退院を目指す」と題された記事の中で麻央さんは、主に次のような内容を記している。

  • これからは歩いて筋力を付ける決意
  • 家族の元へ戻る準備を進める決意
  • 主治医から「退院を目指そう」と言われた嬉しさ
  • 自分が食べている姿を見せるだけで家族が喜んでくれること
  • 食べられることのありがたさ
  • 姉の小林麻耶さんがプレゼントしてくれたパジャマが「ナルエー」のものであること

そして記事の冒頭では、その薄いピンク色の「ナルエー」のパジャマを着て、病室の入口の前に立って笑顔で立っている麻央さんの全身を写した写真が掲載されている。その笑顔からは、がんの症状は少し和らいだように見えるのであるが…

小林麻央さんの腹水と1月19日のKOKOROの記事との関係

上記のように、1月19日のブログKOKORO.の記事では、麻央さんが頑張って食事をして、それを見た家族が喜んでいる様子が書かれている。

通常、腹水が溜まると内臓が圧迫されるため、お腹の張りや食欲不振が起こる。そのため、食事ができているということは、麻央さんの腹水の症状が少し改善したのではないかと見る向きがあり、そこから「腹水」と「1月19日のKOKORO」が結びつけられたのではないかというのが一つ目の考え方である。

【スポンサードリンク】

小林麻央さんの腹水とパジャマ姿の写真との関係

しかし、それとは逆の見方も考えられる。それは、麻央さんのパジャマ姿の写真が発端となっているのだと思われるが、姉の麻耶さんがプレゼントをしてくれたというパジャマはかなりダボっとしてゆったりとした感じのものである。

小林麻央-腹水-写真-パジャマ

【引用元:小林麻央ブログKOKORO.】

でも、そのゆったりしているパジャマを着ている上からでさえ、麻央さんのお腹が心なしか膨らんでいるようにも見えるのだ。この写真があることによって、記事の内容とは逆に、

  • 腹水がひどくなっているのではないか?
  • 食事ができるようになったという記述も、実はかなり無理をして食べているのではないか?

という憶測を呼んでしまっているのではないかと思われる。

1月9日に放送された「市川海老蔵に、ござりまする」でテレビ出演して以降、ブログでは顔写真の投稿がパッタリと止まってしまっていたため、小林麻央さんの症状の悪化が心配されていた矢先、1月19日のKOKORO.に笑顔の全身写真がアップされたことでホッと安心したファンも多いであろう。

しかし、その写真が逆に世間の不安をさらに増大させることになってしまうとは、なんとも皮肉としか言いようがない。

今回は小林麻央さんの腹水と、パジャマ姿の写真、ブログKOKORO. の1月19日の記事との関係について、考えうる2つの推測を紹介したが、どうか1つ目の推測、つまり腹水が改善の方向に向かっているのではないかという見方が当たっていることを強く願う。

【スポンサードリンク】

【小林麻央さん関連記事】
小林麻央が退院決意「余命どれくらい?」尋ねた理由と真相
小林麻央 皮膚転移お腹にも 余命が心配 海老蔵の覚悟とは?
小林麻央「読みたい方だけ」内容が転載禁止の本当の理由とは?
小林麻央ブログKOKOROにも書いてないインタビュー全文
小林麻央の余命は末期か 海老蔵ブログで涙の理由
市川海老蔵にござりまする密着2017 小林麻央がインタビューで語った夫への想い

ゴジラ
(電子書籍)暗殺教室17巻

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)