IQ246華麗なる事件簿のキャスト!ディーンフジオカが日テレに激怒の恩恵がTBSに!?

半沢直樹など数々の話題ドラマを生んできたTBS日曜劇場で、10月から、大人も楽しめる1話完結の推理ドラマが「IQ246〜華麗なる事件簿〜」スタートします!

旧家の当主という役で事件を解決していく主人公には、刑事ドラマで一世を風靡した織田裕二さん。今回も事件を解決する役どころですが、刑事ではなく、代々受け継がれてきたIQ246の頭脳と、培ってきた膨大な知識と推理を持って事件を解決していくようです。

原作はなく完全オリジナル作品なので、どんな事件が起こるのかとても楽しみです。織田裕二さんをはじめ、今をときめくディーンフジオカさんなど、「IQ246〜華麗なる事件簿〜」を彩る俳優さんが発表されましたので、ちょっと覗いてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

TBS日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の豪華キャスト

10月からスタートするTBS日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の主役に抜擢されたのは織田裕二さん。TBSのドラマに出演されるのは久々な気がしますね。それでは、豪華キャストの面々を一人ずつ見ていきましょう。

織田裕二

主人公・法門寺 沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)役。

北鎌倉にある歴史ある名家の89代目当主。代々、IQ246という驚異的な頭脳を持つものが当主でありながら、その存在は権力者によりひた隠しにされてきた存在。

織田裕二さん主演のドラマと言うと、踊る捜査線シリーズを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。スピンオフも放送されたりと、一大ブームになりましたよね。

ちょっと恍けた所があっても、いつも熱くて正義感に溢れているキャラとは一変、今回はIQ246の超天才役として登場です。存在自体は秘密ながら、多種多様な学問を研究してきた旧家の当主としての立ち振る舞いや、天才であるが故の苦悩などあるのでしょうか。個人的には、ちょっと我儘な印象もあるので、その演技に注目しています。

土屋太鳳

和藤 奏子(わとう・そうこ)役。

警視庁の刑事。急な異動で沙羅駆の警護をする事に。どこにでもいる庶民。お茶のCMでもお馴染みの可愛らしい女優さんですよね。現役の女子大生というのにもビックリです。

少し前には大学生役を演じていたので、刑事役と言ってもピンと来ないのですが、警護役として、沙羅駆に振り回されてしまう役の様なので、掛け合いも楽しみです。今どきの若い子の目線であったり体育大学の土屋さんにはピッタリ?体力には自信がある役になっているようなので、振り回されつつ、事件の解決にどのように関わっていくのか、見どころですね。

ディーン・フジオカ

89代目 賢正(けんせい)役。

法門寺家に代々勤める執事。沙羅駆を心より尊敬し、沙羅駆の為であれば、体を張ることも厭わない。人格者。逆輸入俳優として、存在感溢れる俳優さんですよね。私も、NHKの朝のドラマで知って以来、とても気になる俳優さんです。

俳優活動もさることながら、音楽活動など、とても勢力的にこなされているようですし、今回は執事という立場から、沙羅駆に助言をするようなところも楽しみです。イオンのポイントのCMや、ダスキンのCMなど、執事の様なイメージが多いのでしょうか?端正な顔立ちと、物腰柔らかいイメージは私もピッタリだと思います。主演の織田さんはもとより、ディーンさん目当てでドラマを視聴する女性も多いだろうなと感じています。

ディーンフジオカが日テレに激怒!ドラマ「家売るオンナ」を辞退した事件とは?

ちなみにこの記事のタイトルにある「ディーンフジオカさんTBS出演はOK」について簡単に説明しておきますね。実は今年の6月、ディーンフジオカさんが日本テレビに激怒して、出演が内定していたドラマ「家売るオンナ」(主演:北川景子)を辞退してしまったと噂されているのです。

事の発端は、ドラマの共演がきっかけでディーンフジオカさんと親しくなったという安田大サーカスのクロちゃんが、日テレの情報バラエティー番組「PON!」に出演した時のこと。

この時、クロちゃんがディーンさんとのプライベートでのツーショット写真をお披露目したのですが、これが事前にディーンさんの所属事務所に写真の使用許可を取っていなかったことから大問題に。

ディーンさんは海外での役者生活が長かっただけに、肖像権などの権利関係に関しては人一倍敏感なのだとか。お金の問題ではなく、許可なく勝手に自分の写真をテレビで使用してしまう日本のテレビ局の杜撰さに、危機感や恐怖感を抱いてしまったようなのです。

さらに日テレのその後の対応の悪さが、ディーンさんの怒りに拍車をかけることに。ディーンさんの所属事務所からの問い合わせに対し、日テレがすぐにリアクションを起こさなかったため、温厚な性格で知られるディーンさんの怒りを増長させてしまったのだとか。

今やドラマや映画に引っ張りだこのディーンフジオカさんですから、キャスティングするのも相当難しいはず。もしかしたら、日テレへの出演がNGになったことで、TBSが恩恵を受けたのかもしれません。

【スポンサードリンク】

宮尾俊太郎

山田 次郎(やまだ・じろう)役。

捜査1課の刑事。国内トップクラス、ハーバード大学を首席で卒業し、何事もそつなくこなすエリート刑事。バレーダンサーの宮尾さんが初めての刑事役で登場です。過去にも幾つかドラマなどには出られているようなのですが、人気の時間帯でのドラマは初めて?になるのでしょうか。

最近では、歌舞伎役者さんなども俳優として活躍されていますので、普段の世界とは全く違うところですが、バレーで培った演技力を思う存分発揮して、頂きたいですよね。

中谷美紀

森本 朋美(もりもと・ともみ)役。

法医学専門医観察医。少し変わり者だが、沙羅駆に惹かれているため、言う事を聞いてしまう場面も。中谷美紀さんが、ちょっと変わり者の役に挑戦です。

新しい記憶だと、結婚出来ないアラフォー女性を、等身大に近いのかなとも思わせる演技で、毎回面白楽しく見ていたドラマがあるのですが、今回も白衣を身にまとい、今度は監察医という役に挑戦です。ドラマ・映画・舞台と活躍の場は広く、綺麗な容姿から、CMなどにも欠かさない女優さんなので、白衣が似合いますよね

寺島進

88代目 賢丈(けんじょう)役。

沙羅駆の育ての親であり、89代目賢正の父。沙羅駆を甘やかしつつも、叱れる唯一の存在。織田裕二さんと寺島さんが久しぶりに共演です。今度は仲間ではなく、主従関係の様な、親子の様な関係ですね。強面の印象が強いですが、根は優しいというイメージで、旧家を守る執事として、沙羅駆の事を温かく見守ってくれるのでしょう。

他のキャストも魅力たっぷり

その他、山田とコンビを組む刑事・今市役には、元宝塚歌劇団の真飛聖(まとぶひじり)さんや、賢丈の事を良く思わない警視総監・棚田役には、篠井英介さんなど、演技力のある個性豊かな俳優さんをはじめ、沙羅駆の妹・瞳には、新川優愛さん、中谷さん演じる森本の助手役には、若手の矢野聖人さんなど、フレッシュな俳優さんも起用されているようですね。

それぞれの俳優さんが、今までにはない役柄に挑戦するようですし、主演の織田さんも、久しぶりのTBSでの主演という事もあて、とても力が入っているようです。推理ものと言えば、犯人を追い詰める時の名セリフなどの印象もあるので、沙羅駆に口癖みたいなものがあるのかなど、ドラマの細部も気にしたいと思います。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)