市川海老蔵にござりまする(日テレ)2016は息子に密着 小林麻央が見守る中で

2016年も放送される「市川海老蔵にござりまする」(放送日は2016年1月3日23:00〜)。歌舞伎役者・市川海老蔵の密着ドキュメンタリーの第3弾。今回は長男・勸玄のデビューの舞台裏に迫っている。それを嫁の麻央と娘の麗禾が優しく見守る。一年におよぶ日テレの独占密着取材によって、市川海老蔵家の家族の絆を描かれる。

【関連】市川海老蔵にござりまする密着2017 小林麻央がインタビューで語った夫への想い

【スポンサードリンク】

市川海老蔵にござりまする2016のみどころ

なかなかその素顔やプライベートを見せることのない歌舞伎役者・市川海老蔵。そのプライベートに、日本テレビだけが独占取材を許されている。そこはやはり、嫁の麻央(旧姓:小林麻央)が日テレの「NEWS ZERO」でキャスターを務めていた繋がりの賜物だ。

その日テレが市川海老蔵一家に密着してもう6年が経つ。その間、息子や娘の誕生など様々なイベントがあったが、昨年2015年は、市川海老蔵とその家族にとって、初めて経験する試練の連続であった。

その一部を紹介すると、

  • 歌舞伎が似合わない渋谷での、歌舞伎の新作の披露
  • 市川海老蔵にとって2回目となるシンガポールでの海外公演

など、海老蔵は娘と息子、2児の父親となった今なお、走ることをやめようとはしない。歌舞伎という日本の伝統芸能の最前線を常に走り続けているそんな海老蔵に日テレのカメラが密着し、その挑戦の様子を描いている。

【スポンサードリンク】

そんな男が、密着カメラの前で語った、愛する家族への想い、自身の将来、そして果てることのない夢とは何なのか?市川海老蔵家にとって、2015年の一大イベントといえば、なんといっても、11月に行われた長男・勸玄の歌舞伎デビューであろう。市川宗家の跡取りとなる長男が2歳7か月で踏んだ初舞台は、マスコミなどでも大きく報じられた。

しかし、日テレの独占密着カメラは、その舞台裏にまで迫っている。華やかなデビューの裏には、一人の父として、これからは師弟関係にもなる息子を、優しくも厳しい目で見つめる市川海老蔵の姿があった。そして、密着カメラは海老蔵だけにとどまらず、その家族にもスポットライトを当てている。

まずは海老蔵の嫁・麻央。華やかなニュースキャスターという地位を捨て、女性にとっては厳しい梨園という世界に飛び込んだ。結婚当時は、市川海老蔵が暴行事件を起こし、特に厳しい目で見られることもあったであろう。

そんな嫁・麻央は、母親として、今は裏で家族を優しく支える存在となっている。そして長女の麗禾。女の子として歌舞伎役者の家に生まれて来た彼女には、自らが歌舞伎役者になるという道はない。

密着カメラは、そんな長男の初舞台への挑戦と、それを支える家族の優しさ・絆に迫っている。新春特番にふさわしく、「日本一気になる家族」を、貴重な数々の映像で綴っている本格家族ドキュメンタリーの第3弾。

「市川海老蔵にござりまする2016」は、2016年1月3日(日) 23時00分から1時間半にわたって放送される。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)